キャッシングで借りれる額に関わる2つの要素

キャッシングには、借入限度額と呼ばれるものがあります。その名前の通り、借りる事ができる限界を示します。例えば借入限度額が、40万円と設定されているとします。その場合は、30万円台などで借りる事は可能なのです。もちろん数万円での借り入れなどもできます。

ところが41万円や50万円などで借りるのは、不可能になるのですね。あくまでも限界値が40万と設定されているからです。ところで上記のような限界額は、審査によって決定される事になります。

限度額の決まる審査方法

sga

キャッシングの申し込みをすれば、まず間違い無く審査を受ける事になりますが、その時の状況によって借りる事ができる上限も変わってくる訳です。では借入限度額は何に左右されるかと言うと、まずは所得額ですね。基本的にはその数字が大きな方が、借りれる金額は高めになる傾向があります。

例えば年間の収入が200万の方ですと、限度額は30万円になっているとします。それに対して年間の収入が400万ですと、50万などの具合です。つまり現在の所得が大きい方が、それだけ借入限度額も高めに設定される訳ですね。ですので給料のアップが生じた時には、キャッシングの会社に一報してみるのも良いでしょう。

それがきっかけで、より多くの金額を借りれる可能性もあるからです。それともう1つ大きなポイントが、キャッシングの会社で借りた実績なのですね。基本的に実績が大きな方が、それだけ大きな金額を借りれる傾向があります。

例えばAさんの場合は、キャッシングを利用している頻度が比較的多いとします。3ヶ月に1回くらいの頻度で借りていて、必ず完済をしているとします。それに対してBさんの場合は利用頻度が少なく、滞納が見られたとしましょう。

AさんとBさんを比べると、Aさんの方が利用限度額も高めになるのですね。ですので限度額を高くしたいと思うならば、実績を積み上げていくのも大切です。